通信制学校の利点は

文部科学省が2014年2月18日に遂に「構造改革特区」だけで認められていたインターネットだけの授業を行う大学の運営を全国で解禁する方針を決意しました。
通信制学校の利点は通信制高校、通信制大学に関わらず、土地に左右されないというハード的な束縛がありません。

 

さらに通信制高校で授業料を低コストで可能にし、時間や距離の問題もなくなります。これまで大学に行く機会を逃した人でも再び学びの園へ入ることができるというこれまではおとぎ話のようだったことが現実になるのです。ICT(情報通信技術)によって、教育現場は急速に変わりつつあります。

 

一部の大学ではすでにあの無料オンライン講義「MOOC(ムーク)」が実動しはじめネット上でも大いに盛り上がりを見せ始めています。
東京の公立学校なら今後は当然、この種のカリキュラムを問答無用で取り入れるべき時に既に来ていると言えますし、あまりに遅すぎたとも言えます。物作り日本を支えるには技術が必要ですが、技術を作るには学びが必要です。学びの和が広がる時が来ています。

 

通信制高校の比較ならココが便利です。

東京にある通信制高校

東京にある通信制高校で、途中から転入することができる高校も存在します。転入時期に関してはその学校に問い合わせてみることが一番なのですが、随時、受け付けてくれている学校もあるので聞いてみるだけでもいいことです。

 

ほかの高校から転入をしたいという場合、通信制高校なら受け入れてもらえる可能性は高いのです。当然、その通っていた高校からの転入の手続きをする必要があります。

 

まずはその前に通っていた高校の担任の先生などを通じて、転入する手続きをしてもらうことも必要になるのですが、ほかにも書類などを用意してもらうことも必要とされるのです。
そのまま、受け入れてもらうことができる単位制高校もありますが、高校によっては入試を受けることになることもあるのです。
入試といってもその内容は様々です。面接や作文のみだったりと募集要項を取り寄せたりしなければわからないことでもありますが、通信制高校だと落ちる可能性も低くなりがちです。

全日制高校と比較

通信制高校から東京大学の受験を目指すことも無謀なことではないのですが、合格することができるかどうかは自分次第でもあったりします。
自分の実力があれば、もちろん現役で合格することができる可能性もあります。

 

全日制高校と比較してみると、通信制高校の方が自宅学習の時間を確保することができたり、授業も集団での授業ではなく、先生との1対1の個別授業を受けることができる高校もあることから、集中的に自分に合った勉強をしやすい環境になっています。

 

その点では通信制高校から受験を目指すことも有利だったりするのですが、本気で受験を考えているなら通信制高校によっては大学受験のための進学コースを導入している学校もあるのです。

 

1年生の頃から受験勉強を考えるくらいの意気込みでいれば、受験の時期までに勉強も基礎から受験のための本格的な勉強に切り替えていく準備もすることができるのです。ギリギリではなく、早くから勉強すると可能性も高くなります。

通信制高校に入学する

現在、勉強をすることの意義が高まっています。社会が複雑になってきているからこそ、勉強は重要です。
もちろん勉強は学生時代だけにとどまりません。社会はものすごい勢いで進化してきているので、勉強して新しい知識を吸収し続けなければ、ついていけないのです。

 

勉強し続ける人が、精神的にも金銭的に得をする一方で、勉強しない人は損をし続けるのです。
このようなことが広まってきているので、一生勉強したいという人が多いです。

 

そして、学生時代にあまり勉強してこなかった人が単位制高校や通信制高校に入学する人もいるのです。通信制高校と言っても、例えば東京等の大都市では、多くの高校がありどの高校にするか迷ってしまうことも多いでしょう。

 

普通の高校と違って、学校見学をしてもイメージも湧かないし、パンフレットを見ても長所しか書いていません。そんな時に役に立つのが、インターネット等の評判です。それらを注意深くみて、自分のやりたいことに合致するかどうかで選べばいいのです。

全日制の普通課程だけでは学べない実習

通信制高校の最大の魅力は、全日制や定時制と比べ、自分自身の時間が持てると言う点です。学校に通えない人は様々な理由を抱えています。

 

仕事をしながら高卒資格を目指す人、芸能やスポーツと勉学を両立させたい人、不登校なので体調に合わせ勉強したい人等、自分のペースに合わせた学習スタイルを持つ事ができます。

 

ニーズに柔軟に対応できるのが、全日制や定時制との大きな違いです。芸能やスポーツのプロを目指している人や、ペットや美容・調理・福祉関係の専門資格取得を目指している人、大学進学を希望している人は、夢や目標の近道とも言えます。

 

全日制の普通課程だけでは学べない実習や経験を積む事で、実践的な知識が習得できます。また中学校を卒業したばかりの人から80歳代までの人が通っています。中には就職しながら通学する人、定年後の第二の人生のために学習する人等、幅広い人間が集まるので、学年を超えた出会いは貴重な交流の場となります。